NHK受診料の未払いでどうなる?


借金地獄

NHKの受信料は払わなければならないの?

NHKの受信料は支払わなければなりません。なぜなら、放送法でメディア機器を設定した人全てに支払い義務が課せられているからです。日本国民全員に適用される法律ですので、「私はNHK見ていませんから…」などの口からの言い訳程度でごまかす事はできません。

 

 

NHKはいつも見ないので、請求が来ても払わなくてもよいと思い込んでいる人。放送法第64条を解釈すると、テレビが置いてあるだけで支払い義務が生じてしまうのです。見ていないから…だけで通る話ではありません。

 

 

NHK受信料の未払いを続けると、法的に払わなければならない義務を怠っている事になります。NHK側から裁判所に申し立てた場合、最悪給与の差し押さえという結果になります。NHKの受信料を未払いにするだけで、生活や仕事に深刻なダメージを受けることになりかねません。

 

 

NHK受信料未払いの取り立ての流れ

 

NHK受信料を未払い状態とすると、取り立てが発生します。NHK側の最初のアクションは書面や訪問で支払いを促す程度です。多くの人は催促の時点で支払っており、問題を回避しています。

 

 

書面や訪問による支払を拒否し続けると、支払督促の書面が送られてきます。今までの単なる催促の書面ではなく、督促状となると法的な効力が発生します。未払いの穏やかな解決はココまで。支払督促以降は強制的な回収が始まります。

 

 

支払督促が来ても更に未払いを続ける事で、裁判所から仮執行宣言が出されます。本宣言も書面で通告されます。仮執行宣言は裁判所が、未払い行為に対して財産を差し押さえることを法的に認めるという内容です。強制執行はこの宣言以降に発生します。

 

 

未払いを放置するとどんなペナルティがあるのか?

 

未払いを放置してペナルティとなるのは、裁判所から通告される仮執行宣言以降になります。裁判所が法的に未払いに対して財産の差し押さえを許可するものです。差し押さえには二つのケースがあり、どちらも生活に与える影響は深刻です。

 

 

一つはNHK側が預金を差し押さえるもの。銀行口座は凍結し、仮執行が完了するまで預貯金、引き出しができません。公共料金など自動引き落としも一時無効となるので、料金納入の対応が必要です。

 

 

もう一つはNHK側が給与を差し押さえるケースです。当然今勤めている会社に対して行うので、職場への影響は深刻です。他の職員からの信用を失う事になります。未払い金5年間で法的な事項を迎えますが、その間は仮執行のリスクを常に背負う事になります。

もしかして借金で困っていませんか?

NHK受診料の未払いでどうなる? NHK受診料の未払いでどうなる?



NHK受診料の未払いでどうなる? NHK受診料の未払いでどうなる?