ウィルコム料金未払い時の停止条件などは?


借金地獄

ウィルコム未払い料金の取り立ての流れ

ウィルコムの取り立ての流れは1ヶ月後に未払い通知、2ヶ月後には督促状、期限を守らなければ1ヶ月後には未払いの通知が届き、更に未払いを解消しなかった場合、強制解約という流れとなります。

 

 

例えば1月の利用料金を2月月末に払わずに未払い状態とした場合、3月上旬には未払い通知が届きます。未払い通知には比較的短い期間の支払期限が設定されています。未払い通知を無視すると、4月上旬には督促状が届き、10日前後の支払いを督促されます。

 

 

督促状にも対応しないと、次は少額訴訟という裁判上の手続きに移ります。仮執行宣言がなされれば財産、給与の差し押さえなど、生活にも大きな影響を及ぼすことになります。

 

 

未払い後から利用停止まではどれくらい?

 

未払い状態後約2ヶ月前後で利用停止となります。ただし、状況によっては滞納後即時利用停止という厳しい対応を取られる場合がありますので、2ヶ月の余裕がない場合もあります。

 

 

ウィルコム料金未払い後1ヶ月前後で未払い通知が届きます。未払い通知には支払までの期限と未対応時の利用停止の通知が含まれています。未払い通知後に支払に対応しなかった場合、利用停止になるのです。

 

 

ただし、過去ウィルコムの利用料金を滞納した過去がある人は、場合によっては未払い後すぐに利用停止になるケースもあるようです。滞納1ヶ月目に未払い通知もしくは利用停止通知のどちらかが届くことになります。利用停止となった後でも督促状などで料金の取り立てが続きます。

 

 

未払いのまま放置するとどんなペナルティがあるのか?

 

滞納料金には年率14.5%の利子が付きます。ウィルコムの携帯電話購入時にローンを組んだ場合、信用情報が傷つき事故扱いになります。また、少額訴訟などの法的な措置が取られ、給与の差し押さえなど生活に深刻な影響が出る場合があります。

 

 

携帯電話を月賦で購入した場合、月々の利用料金でローンを支払う事になります。ローンを滞納する事は信用情報上の自己扱いとなり、今後5年から7年の期間、新しいローンやクレジットカードなどが利用できなくなる可能性があります。

 

 

利用停止、強制解約となった後でも未払いを続けてしまうと、少額訴訟を起こされ、法的な対応を取られます。給与の差し押さえによって会社に迷惑をかけたり、預金口座を差し押さえられる事で銀行を利用できなくなります。

もしかして借金で困っていませんか?

ウィルコム料金未払い時の停止条件などは? ウィルコム料金未払い時の停止条件などは?



ウィルコム料金未払い時の停止条件などは? ウィルコム料金未払い時の停止条件などは?