ソフトバンクの料金未払いによる停止はいつになるの?


借金地獄

ソフトバンク料金未払い後の取り立ての流れ

ソフトバンクの携帯料金が未払いとなれば、一定期間後に催促が書面で送られてきます。書面で催促されても未払いを続けることで、利用停止や強制解約、少額裁判から回収へと段階を踏んで厳しく取り立てられます。

 

 

具体的な例を前月のソフトバンクの利用料金を翌月の5日前後に引き落としになった場合で説明します。初回引き落としなどに対応しなかった場合、設定された新たな引き落とし日が記載されている支払い通知がソフトバンクから通知されます。郵送の関係で引き落とし日からおよそ1週間後の通知です。

 

 

更に未払いを続ける事で、最初の引き落とし日から2ヶ月から3ヶ月を目途に強制解約の通知が来ます。以降は少額裁判や債権回収会社からの取り立てで、料金が回収されるまで、もしくは法的な強制執行が終了するまで続きます。

 

 

未払い後からどれくらいで停止されるの?

 

ソフトバンクの携帯料金が未払いになった後、次の支払日から停止までの間はおよそ2週間です。未払い後に支払い通知の期限が示されている通知書と一緒に、停止についての説明も通知されます。

 

 

例えば1月上旬に引き落としがなされなかった場合、1月中旬までの支払期限が設定された通知書が郵送されます。再度の支払催促も未払いを続けると、2週間後の1月下旬にはソフトバンクの携帯電話が停止されます。

 

 

停止の解除は未払い料金を支払う事で回復します。停止になったとしてもスマートフォンは起動しますし、Wi-Fi環境下であればネットにもつながります。ただし、利用停止後も料金の取り立ては続きますので、停止のペナルティがイコール支払免除…ではありません。

 

 

長期未払いでどんなペナルティがあるのか?

 

ソフトバンクの携帯料金を長期未払いにしてしまった場合、追加の延滞金、強制解約、少額裁判などの強制的な取り立てを受けることになります。いくら未払いを続けても、逃げ得にはならないという事です。

 

 

追加の延滞金は引き落とし日の15日以降に年14.5%の延滞利息が利用料金に追加されます。利息は支払まで付き続けますので、長期間未払いとなれば、その延滞利息が上乗せされます。

 

 

未払いを続けると2ヶ月後にはソフトバンクとの契約が強制解約されます。解約後は支払いを完了しなければ契約を回復する事はできません。金融機関には事故情報が回りますので、およそ5年間は新しい月賦の携帯電話は契約できず、ローン組めません。少額裁判に移れば法的な強制執行によって財産を差し押さえられる可能性があります。

もしかして借金で困っていませんか?

ソフトバンクの料金未払いによる停止はいつになるの? ソフトバンクの料金未払いによる停止はいつになるの?



ソフトバンクの料金未払いによる停止はいつになるの? ソフトバンクの料金未払いによる停止はいつになるの?