ドコモ料金の未払いで携帯電話はいつ停止するの?


借金地獄

ドコモ料金未払い後の取り立ての流れ

ドコモの携帯電話料金を未払いにしてしまうと、設定された引き落とし日から数日後には支払い通知が届きます。その後も未払いを続ける事で、強制解約といった契約に関するペナルティや強制徴収に移ることもあります。

 

 

最初の引き落としを未払いとすると、1回目の支払い通知が数日後に届きます。その後未払いを続ける事で、ドコモ側も強制的な回収へ乗り出します。加えて解約などのペナルティを与えて、なんとか料金を回収しようとします。

 

 

最終的には取り立ては裁判所の判断にゆだねられます。少額訴訟を起こされ、更に未払いを続ける事で財産の差し押さえといった法的な執行を受けることになります。ゴネ得にはならず、最終的には料金の徴収を行わなければならなくなるのです。

 

 

未払い後からどれくらいで停止されるの?

 

ドコモの場合、未払いを続けることで、最初の引き落とし日の月末には携帯電話の使用が停止されます。一度の支払い通知を受けた後は使用停止に移行します。思ったより支払い猶予はありません。

 

 

未払い後に通知される支払い通知には、新たな支払期限が設定されており、支払いを行わないと停止する旨の通知がなされます。一見、脅しのようにも感じますが、契約上お互いに約束した事項ですので、文句を言う事もできません。

 

 

未払い後に携帯の使用停止となった後、更に未払いを続けることで、強制解約へと移ります。電話番号は抹消されますし、新たな契約も、一部制限されることもあり、ペナルティがさらに広がります。

 

 

未払いを続けると発生するペナルティ

 

ドコモも利用料金未払いを続けることで、強制解約以外にもペナルティが科せられます。延滞利息、契約内容によっては信用情報が事故扱いとなり、生活に深刻な影響を受けることになります。

 

 

未払い日の翌日から延滞料金が発生します。年利14.5%で設定された額を日割りで追加されますので、延滞が続けば続くほど延滞利息がついてしまいます。キャッシングを金融会社から受けた事と同じになるのです。

 

 

また、携帯電話の利用料金に機種本体の月賦を組み入れている場合、ローンの延滞として信用情報も事故扱いとなります。5年間はローンを組むことができず、クレジットカードの一部機能の制限や新たなカードが作れないなどのペナルティが発生します。

もしかして借金で困っていませんか?

ドコモ料金の未払いで携帯電話はいつ停止するの? ドコモ料金の未払いで携帯電話はいつ停止するの?



ドコモ料金の未払いで携帯電話はいつ停止するの? ドコモ料金の未払いで携帯電話はいつ停止するの?