関西電力で料金未払いだと電気が停止するの?


借金地獄

関西電力料金未払い後の取り立ての流れ

関西電力では検針日から支払いまで30日、未払い後の再度の取り立ては検針日から50日となります。51日以降は再度の支払い通知や法的な処置へと移行していきます。そのため、未払いを続けても、最終的には電気料金を払わなければなりません。

 

 

 

検針日から30日目に請求される支払いは、早収期限日とされ、いわゆる口座の引き落としや通常の支払いで行われる期間です。引き落としは即日行われますし、コンビニ払いなどでは一定の支払期間があります。

 

 

早収期限日を過ぎると未払い扱いとなります。この時点ですぐに電気が止まる事はありません。ただし、検針日から50日までに支払わないと、電気供給にペナルティが発生します。

 

 

関西電力ではどれくらいで電気が停止するのか?

 

関西電力の場合は、未払い状態のまま検針日から51日を過ぎると電気が停止する可能性があります。ただし、即日停止というわけではなく、過去の未払い状況によっても対応は異なります。

 

 

検針日から50日までを関西電力側は遅収期間と呼んでいます。遅収を終えた51日以降、関西電力から送付される送電停止の通知が届いた以降、いつ電力が停止されるかは関西電力側次第となります。水道などの公共料金の未払いとは異なり、思ったより短期間で電気が停止したという口コミもあります。

 

 

注意すべき点は、未払いから数ヶ月後ではなく、検針日から51日以降に停止する点です。余裕はあまりなく、しかも送電停止の通知以降はいつでもとめられてしまう事になります。

 

 

関西電力の未払い後のデメリットとは?

 

関西電力の電気料金が未払いとなった場合、受けるデメリットとしては送電が停止すること、電気料金に延滞利息金が上乗せされること、いくら引っ越しをしても引っ越し先に請求が及ぶことになります。

 

 

送電停止は未払い状態のまま検針日から51日以降に実施されます。関西電力では送電停止日延長は相談にも乗らない方針なので、未払いを解消しない限りは確実に送電が停止されます。今の時代、電気のない生活は維持することは困難なはずです。

 

 

また、延滞利息金は検針日から31日以降、つまり早収期間となる最初の引き落とし以降に1日につき0.03%発生します。未払いとなれば日を過ぎる毎に延滞利息金が加算されてしまいます。引っ越し先も何らかの方法で調べているのか、引っ越し後も督促されます。

もしかして借金で困っていませんか?

関西電力で料金未払いだと電気が停止するの? 関西電力で料金未払いだと電気が停止するの?



関西電力で料金未払いだと電気が停止するの? 関西電力で料金未払いだと電気が停止するの?