水道代が未払いとなればいつ停止するのか?


借金地獄

水道代が未払いとなるのはいつから?

水道代は2ヶ月分を翌月末に支払う事になります。例えば4月5月分の水道代を6月25日に支払わなければ未払いとなり、自治体水道局からの取り立てを受けることになります。水道はガスや電気などのライフラインより取り立て対応が穏やかであるという話もありますが、普通に取り立てられます。

 

 

水道代が未払いとなってもすぐに給水が停止される事はありません。水道局からの文書での支払い通知などが届き、必要な手順を踏んで給水停止まで進んでいきます。未払い分をどのように納付していくのかは水道局に直接問い合わせる事で対応してくれます。

 

 

場合によっては未払い文を分割で支払うなどの納入方法を柔軟に対応してくれるケースもあります。しかし、何もせず未払いを続けていくといずれ給水が停止することは間違いありません。

 

 

水道代未払い後の取り立てはあるの?

 

水道代が未払いとなれば、自治体の水道局による取り立てを受けることになります。取り立ての方法が主に文書での通知ですが、最終的には給水停止となります。水道が止まれば、人間的な最低限の生活を行うことは不可能になります。

 

 

4月5月分の水道代を6月25日に未払いとなった場合、1ヶ月後には催促状が届き、支払いの催促を文書で受けることになります。未払いをさらに続ける事で、勧告状が8月の上旬に発送されます。勧告状には最終納付期限が示されており、更に納付をせずに未払いを続けることで給水停止へと向かっていきます。

 

 

水道代取り立ての際に、延滞金として法定利率である年14.5%の延滞利息を支払う必要があります。ただし、自治体によって利率や延滞金の設定が異なる場合があります。

 

 

水道代未払い後いつ給水停止となるの?

 

水道代未払い後に給水が停止するタイミングは、およそ2ヶ月後です。人間的な生活を送る上で欠かせない水も、未払いを続けるとついには給水停止となり、その場所での生活が困難になります。

 

 

4月5月の水道代の未払いを続ける事で、催促状や勧告状で通知を受けたにもかかわらず、更に未払いを続ける事で給水停止予告書が届きます。給水停止予告書にはもう支払いの事が示されているわけではなく、2営業日以降の給水の告知がなされるだけです。

 

 

給水停止予告書が届けば、水道の停止を避ける事はできません。できるだけ早くお金を工面し、滞納分を納付しなければ再び給水が開始される事はありませんし、引越し後も取り立てを受けることになります。水道も止まり、未払い分も残るわけです。

もしかして借金で困っていませんか?

水道代が未払いとなればいつ停止するのか? 水道代が未払いとなればいつ停止するのか?



水道代が未払いとなればいつ停止するのか? 水道代が未払いとなればいつ停止するのか?