電気料金未払い後はいつ供給停止になるのか


借金地獄

電気料金はいつから未払い扱いとなるの?

電気料金は検針日から1ヶ月後の支払いを行わなければ未払い扱いとなります。検針日を基準におよそ30日で請求になるからです。全国には各電力会社が電気の供給や請求業務を行っており、どの会社もほとんど同じ条件となります。

 

 

1回目の支払期限である30日後に未払いとなった後は、電力会社からの取り立てが開始します。無視してもすぐには追い込まれるものではありません。しかし、取り立てを無視し続けると、いずれ供給は断たれます。電気の供給は生活を支える最も大事なライフライン。最終的には供給停止という手段を使って電気料金の回収を狙ってきます。

 

 

料金未払いにより取り立ては供給停止後も当然続きます。電気の供給は止まっているのに取り立てられるわけですから、経験者もこの矛盾した状態が最も辛いという体験談も聞かれています。

 

 

電気料金未払い後の取り立て状況とは?

 

電気料金未払い後の取り立ては主に文書での通知と訪問によって行われます。検針日からおよそ1ヶ月後の支払期限をスルーすると、翌月の料金請求時に前月の未納分を指摘されます。ここからが取り立てのスタートとなります。

 

 

未納分して記事には年10%前後の延滞利息金が加算されることも同時に通知されます。今未払いとなっている料金も期間が過ぎる毎にどんどん膨らんでいくのです。金銭的なストレスがかけられます。

 

 

次に、およそ20日後には最初の督促状が届きます。郵送の場合もあれば徴収員が直接訪問するケースもあります。督促状には次の支払期限が設定され、供給停止についても記載されます。電力の供給停止は督促状以降に発生することになります。

 

 

未払いのまま放置するといつ供給停止になるの?

 

電気料金の未払いを続けると、50日から70日以降には電力の供給が停止されます。各電力会社に電話で問い合わせた公開情報に基づいたものです。ただし、今までの未払いの経歴などによって多少扱いが変わります。

 

 

電気が停止する前には、電力会社から供給停止の通知が必ず届きます。郵送もしくは職員が直接持参して支払いを促すケースが一般的です。郵送だと届いていないという言い訳を防止するためです。供給停止の通知が届いた後、未払いを続ければ指定日以降に確実に電気は停止します。

 

 

電気が停止しても支払いの義務が免れるわけではありません。引き続き文書及び訪問による取り立てが続きますし、最終的には少額訴訟を起こされ、財産の差押えという強制徴収に進んでいきます。

もしかして借金で困っていませんか?

電気料金未払い後はいつ供給停止になるのか 電気料金未払い後はいつ供給停止になるのか



電気料金未払い後はいつ供給停止になるのか 電気料金未払い後はいつ供給停止になるのか