東京ガスの料金未払い後いつ停止される?


借金地獄

東京ガスが未払いと認識する時期とは?

4大事業者として事業を行う傍ら、一般社団法人日本ガス協会の役員も輩出している老舗のガス会社は、未払い者を検針日の翌日から30日目以降に認識します。取り立てや滞納金のペナルティは、30日目以降から順次行われます。

 

 

東京ガスは日本で最も規模の大きいガス会社です。供給範囲はそれほど広くありませんが、契約者数は1000万件前後と日本最大。当然滞納者の数も最も多いと考えられます。

 

 

未払い者の対応を甘くしていたら、いつまでたっても料金を徴収できません。未払い者に対しては事務的に滞納し、場合によっては少額訴訟を起こし財産の差押えも辞さない構えです。夜逃げでもしない限り、必ず利用料金が徴収されます。

 

 

未払い後の取り立て状況とは?

 

東京ガスの利用料金が未払いとなれば、納付されるまで確実に取り立てを続けるところが東京ガスの怖いところです。引越しても何らかの手を使って引越し先まで料金徴収の通知や訪問を受けることになります。いくら未払いのまま逃げたとしても、いずれ住所をつかまれ督促されてしまうのです。逃げ得になる事はありません。

 

 

東京ガスの取り立ての第一歩は未払い後にガス料金支払いのお願い…つまり、督促状です。督促状には再度の支払期限と、それ以降支払わない場合の延滞金について明記されています。

 

 

督促状支払期限後も更に未払いを続けると供給停止予告書が通知されます。郵送が一般的ですが調査員による訪問を受けるケースもあります。未払いから10日後には年10%前後の延滞利息金も支払を促す取り立て方法の一つです。

 

 

未払い後の供給停止時期は?

 

東京ガス料金未払い後の供給停止時期は検針日から50日目以降とガス会社の中で最も短く設定されています。供給停止予告書が届いたら、示されている予告日までに必ずガスの供給が止まります。

 

 

供給停止を避けるには、料金を支払う以外に方法がありません。今だけ払えなくて…という相談も東京ガスではまず受けていません。分割支払いなどを希望する場合は早めに連絡して許可を得ないと、検針日から50日目以降にガス供給は残酷にも停止されます。ガスの供給は思ったより事務的に行われるのです。

 

 

ガス停止予定日までに料金を支払う以外に、ガスを停止させない手段はありません。ガスの供給が停止されたとしても未払い者は確実に利用料金を徴収されますので、逃げ得になる事は期待できません。

もしかして借金で困っていませんか?

東京ガスの料金未払い後いつ停止される? 東京ガスの料金未払い後いつ停止される?



東京ガスの料金未払い後いつ停止される? 東京ガスの料金未払い後いつ停止される?