東京電力の料金未払い後はいつ供給停止となるの?


借金地獄

未払い後本当に供給停止されてしまうのか?

東京電力の利用用金の未払いを続けた場合、確実に電力の供給が止まります。約3,000万人の顧客から料金を徴収しているわけですから、見せしめのために躊躇なく電力を止めるからです。利用した料金を払わないのですから当然避けられるものでも、言い訳が通用するものでもありません。

 

 

電力の供給は人間らしい生活をするうえで最も欠かせないライフラインの一つです。冷蔵庫、洗濯機、テレビ、スマートフォン…すべて電力で動いており、電力の供給が止まれば、電気機器は使えなくなります。

 

 

電力の供給は未払いをすぐに止まるものではありません。ある通知がなされてから供給が停止します。絶対に電力を止められたくないという人には、通知後にすぐ支払わなければなりません。

 

 

東京電力ならいつ停止されるのか?

 

東京電力では、未払い後約1ヶ月後、検針日から約2ヶ月後に送電が停止する可能性があります。実際に電力が停止した人の経験から、正確な停止日を推測しました。

 

 

停止日5日程前に発送される「送電停止の通知」には、未払いであることの指摘に加えて送電停止日が記載されています。指定された停止日までなにもアクションを起こさないと、停止日にきっちり供給が止まります。

 

 

場合によっては送電停止前に東京電力に電話で交渉すると、数日延期してくれるケースも報告されています。とはいえ、延期したところで利用料金を入金しなければ確実に電気を止められてしまいます。送電が停止したとしても支払が免れる事はありませんので、電気もつかないのに電気料金が催促されるという矛盾した状態を耐えなければなりません。

 

 

未払い後の取り立ては?

 

東京電力の場合、未払い後の取り立ては督促状及び送電停止、滞納金や調査員の訪問などで納付の圧力をかけてきます。未払い期間が長くなるにつれて厳しい取り立てを行い、最終的には財産の差押えという結果になるケースもあります。

 

 

未払い後10日前後で支払いを催促する督促状が届きます。督促状には検針日から40日以降で年利10%の滞納金が加わる旨の通知がなされます。ただ払って…と言われて払う利用者はどこにもいませんからね。

 

 

督促状以降も調査員が訪問し納付を促したり、電話による取り立てもあります。すぐに強制徴収となるわけではありませんが、過去の滞納状況、滞納金の規模を見据えて、最終的には少額裁判を起こされ、財産の差押えという可能性もあります。

もしかして借金で困っていませんか?

東京電力の料金未払い後はいつ供給停止となるの? 東京電力の料金未払い後はいつ供給停止となるの?



東京電力の料金未払い後はいつ供給停止となるの? 東京電力の料金未払い後はいつ供給停止となるの?